2015年06月30日

講習会「まちのいろを考える」のご案内 [7/25(土)14:00〜]

女性委員会 講習会「まちのいろを考える」 のご案内


 「専門家の話を聞き、設計手法を学ぶ」を主旨に「まちのいろを考える」というテーマで吉田愼悟氏(武蔵野美術大学教授・有限会社クリマ代表)を講師にお迎えし、講習会を開催します。

 環境色彩計画、調査手法などのお話を伺うことで、今後、あいちの色彩を知り、地域の個性を尊重した風景を育てていくための設計手法を再考する絶好の機会です。ぜひご参加ください。


日 時: 2015年7月25日(土)午後2時〜3時45分

      (受付は午後1時30分より)

場 所: 名古屋商工会議所9階  愛知建築士会 第2・3会議室

講 師: 吉田 愼悟氏(武蔵野美術大学教授有限会社クリマ代表)

定 員: 30名 (定員になり次第締切り)

参加費: 会員 1,000円  一般 1,500円(当日徴収します)

CPD単位: 2単位

申込方法: @申込メールフォームにて

        AFAX(052-201-3601)にて…申込書をダウンロード(申込書.pdf)し必要事項を記入下さい。

問合せ先:(公社)愛知建築士会事務局

       TEL:052-201-2201/E-mail:afa201009@gmail.com 


「日本の伝統的な建造物のほとんどは木造であり、そこに使われている色彩もおのずと限定的な範囲に収束する。戦後の住宅には防火のために様々な新建材が開発され使用されているが、昭和初期頃まで日本の住宅は木材や土や漆喰で仕上げられており、ペイントが発達したフランスのように、自由に色彩を選択できる余地はなかった。自然材が持っている色域は狭い。しかしこの限定的な色域によってつくられたまち並みの表情は、とても豊かで変化に富んでいた。鮮やかな原色を多用することが、まちに楽しさや賑わいをもたらすのではない。地域の気候・風土に育まれた秩序ある色使いが個性的で印象的なまちをつくる。どのような色彩でも使用出来るようになった今日でもなお、地域の気候・風土に育まれた建材の色が、基本的にはそれぞれのまちの基調をつくっていると思う。」   吉田愼悟





s-yoshida.jpg

講師プロフィール 吉田 愼悟氏(よしだ しんご)

1949年神奈川県生まれ。武蔵野美術大学造形学部基礎デザイン学科卒業。

環境色彩調査を通して地域固有の色彩範囲を把握し、各地域の公共空間における色彩のあり方を研究する。'73-74年 向井周太郎デザイン研究室勤務、'74-75年 渡仏 ジャン・フィリップ・ランクロ教授アトリエ勤務、'75年 株式会社カラープランニングセンター入社('94年〜取締役、現在に至る)、'90年 有限会社クリマ設立 代表取締役(現在に至る)、'07-10年 武蔵野美術大学造形学部客員教授、'09年 中国人民大学芸術学院色彩設計専業兼職教授(現在に至る)、'10年 武蔵野美術大学教授。

主な著書:『まちの色をつくる…環境色彩デザインの手法』建築資料研究社 '98年、『景観法を活用するための環境色彩計画』丸善株式会社 '05年。その他共著多数。

posted by afa at 20:07| イベント案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月09日

H27年度女性委員会懇親会&見学会(女性会員対象)

H27年度女性委員会懇親会&見学会を4/18()1200〜池下で開催予定です。

昼食はよし川「エノテカ」、昼食後は為三郎記念館の見学を予定しています。(18年前の4/18にも女性部会で見学しました!)

みなさんで楽しく27年度のスタートを迎えたいと思いますので、ぜひご参加ください。


また、当日9:30〜オリエンテーション&4月女性委員会をASAHI池下会議室で行います。

お時間ありましたら、会議にもぜひご参加ください。


みなさまにお会いできることを楽しみにしております。


H27年度オリエンテーション&4月女性委員会】

日時2015418()9301140

場所 名古屋市千種区池下一丁目9-10 橋本ビル 4階 ASAHI池下会議室

http://asahi-kaigi.jp/access/



【懇親会】

日時2015418()12001400

場所 よし川「エノテカ」

464-0065 愛知県名古屋市千種区掘割町1-17052-762-5188

HPはこちら

http://enoteca-nagoya.com/

地図はこちら

http://enoteca-nagoya.com/access

会費3,780(税込・ワンドリンク付)

E382A8E3838EE38386E382AB.jpg

【見学会】

日時2015418()1400

場所 古川美術館、為三郎記念館(企画展開催中、アーティストトークもあり)

460-0066 名古屋市千種区池下町2丁目50番 052-763-1991

HPはこちら

http://www.furukawa-museum.or.jp/memorial

地図はこちら

http://www.furukawa-museum.or.jp/info/location

参加費500

E782BAE4B889E9838EE8A898E5BFB5E9A4A8E88CB6E5AEA4.jpg

【懇親会&見学会】の出欠連絡は411()までに担当の山本としさんメールアドレス:

jqtoshi@nifty.com

までお願いいたします。

posted by afa at 23:38| イベント案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月25日

第24回わたしらしい住まいづくりのお知らせ

交流会用.jpg  チラシはこちら→ オモテ.pdf  ウラ.pdf

【イベント終了しました。多数のご参加ありがとうございました。】
 
 わたしらしい住まいづくりは、今年で第24回を迎えることとなりました。
 毎年一般市民を対象に女性建築士の作品や活動パネルの展示を行い、活動を広くPRしています。会期中には一般市民を対象に住まいの無料相談も併せて開催、 また、セミナーを開催し、建築につながる教養を学ぶ機会を提供しています。今年も多くの参加をお待ちしています。

■女性建築士の作品展 
 女性会員の作品・活動パネルを展示紹介します。
P2020977.jpg 昨年度のパネル展の様子
開催期間:平成27年1月20日(火)〜2月1日(日)


■セミナ−(一般対象)
東日本大震災の復興に関して私たちに何ができるのか。東南海地震に備えて私たちは何をすべきなのか。久屋大通再生プロジェクトのメインファシリテーターも務められた藤村龍至氏に、今後の日本の建築、あいちのデザインについてお話しいただきます。ぜひご参加ください。

●日時:平成27年1月24日(土) 午後2:00〜4:00

タイトル:「3.11後の建築を考える〜あいちのデザインに向けて〜」
東日本大震災を経て、人口減少や少子高齢化に伴う財政の緊縮化が強く意識されるようになってきた日本では、60年代から70年代にかけて建築された建築物の大量更新が予想され、施設の大幅な統廃合等を通じて社会の縮小が模索されています。ここでは「鶴ヶ島プロジェクト」(2012)「あいちプロジェクト」(2013)、「久屋大通りプロジェクト」(2014)等で試みたソーシャルデザインプロジェクトのご紹介を通じて、縮小の時代に建築家に何が可能か共に考えるきっかけとできればと思います。
藤村龍至
1_fujimura_portrait.jpgphoto: Kenshu Shintsubo
講師:藤村龍至氏
1976年東京生まれ。
2008年東京工業大学大学院博士課程単位取得退学。
2005年より藤村龍至建築設計事務所主宰。
2010年より東洋大学専任講師。
主な建築作品に「鶴ヶ島太陽光発電所・環境教育施設」(2014)、
主な著書に『批判的工学主義の建築』(2014)
『プロトタイピング−模型とつぶやき』(2014)。
近年は建築設計やその教育、批評に加え、公共施設の老朽化と
財政問題の解決を図るシティマネジメントや、日本列島の将来像の提言など、広く社会に開かれたプロジェクトも展開している。

2_ecolabo.jpg
鶴ヶ島太陽光発電所・環境教育施設(photo: Takumi Ota)
3_house-house.jpg
家の家(photo: Takumi Ota)



4_aichi-project.jpeg
あいちプロジェクト(photo: Yoshihiro Kikuyama)
最新著書.jpg
最新著書(左:NTT出版、右:LIXIL出版)



 ●定員:100名(事前申込み・当日受付も可)
 ●資料代:500円
 ●託児コ−ナ−あり 定員10名(事前申込み必要)
 ●CPD単位申請予定(2単位)
 ●申し込み :下記メールフォームでお申し込みください。
  http://ws.formzu.net/fgen/S78879782/

■住まいの相談会 
 一般の方を対象に住まいに関する相談会を開催します。
 ●日時:平成26年2月1日(日) 午後1:00〜3:00
 ●申し込み :下記メールフォームでお申し込みください。
  http://ws.formzu.net/fgen/S53752026/

■会 場
 名古屋都市センタ− まちづくり広場
  名古屋市中区金山町一丁目1番1号 金山南ビル(ボストン美術館同ビル)11F  TEL:052-678-2200
 
[ここに地図が表示されます]

■問合せ先
 (公社)愛知建築士会 女性委員会 https://netdesign.heteml.jp/afa/mail.html
  FAX 052-261-0251   E-mail:afa201009@gmail.com



posted by afa at 12:27| イベント案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月30日

防災セミナー2014

防災セミナー2014
「南海トラフ巨大地震・津波に備えて〜愛知県では〜」のご案内
今回で4回目を迎える防災セミナー2014を開催します。
今回は、津波の正しい予備知識についてお話しいただき、政府が発表している津波想定が抱える問題点について考え、津波に対して何を準備すべきことなのかを学ぶ機会を提供します。

【イベント終了しました。多数のご参加ありがとうございました。】

日  時:10月27日(月)午後6時〜8時(受付は午後5時30分から)
場  所:昭和ビル5階(公社)愛知建築士会 第一会議室
講  師:川崎浩司氏 http://www.gensai.nagoya-u.ac.jp/?p=416
     講師プロフィール
     ハイドロソフト技術研究所・執行役員兼研究開発センター長、
     名城大学特任教授、熊本大学客員教授。
     専門は沿岸域工学、沿岸環境工学
定  員:30名(定員になり次第締切)
参 加 費:会員   500円
      一般 1,000円
     (当日徴収します。)
申込方法:下記申し込みフォームよりお申し込みください。
       http://ws.formzu.net/fgen/S78879782/
問 合 せ:(公社)愛知建築士会女性委員会 お問い合わせフォーム
    https://netdesign.heteml.jp/afa/mail.htmlまたはE-mail:afa201009@gmail.com

C P D:2単位

posted by afa at 22:13| イベント案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月05日

マンションリノベーション体験会

140805リノベ体験チラシ【HP用】.jpg

女性委員会では、身近なマンションリノベーションを体験できる講習会を開催します。
建築士と一緒に、壁塗装や床張りを通して住まい作りの楽しさを再発見しましょう。
なお、募集定員が限られておりますので、参加ご希望の方はお早めにお申し込み下さい。

【イベント終了しました。多数のご参加ありがとうございました。】

・日   時 : 第1回 平成26年8月19日(火) @10:00〜12:00 A13:30〜15:30
          第2回 平成26年8月26日(火) @10:00〜12:00 A13:30〜15:30

・募   集 : 15名(先着順)※午前と午後で2組にわけて体験予定

・参 加 費 : 会員/1,000円 一般/1,500円 小学生/500円(各回)
         (※小学生は親子での参加に限ります)

・場   所 : 名古屋市東区のマンションの1室(大曽根駅より徒歩5分程)

・申   込 : http://ws.formzu.net/fgen/S49362627/ 

※詳細・注意事項などは参加申込後、担当者より個別にご連絡させて頂きます。
posted by afa at 21:15| イベント案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする