2017年12月02日

平成29年度 第27回わたしらしい住まいづくりのご案内

わたしらしい住まいづくりは、今年度で第27回を迎えることとなりました。女性建築士の活動を広くご紹介するため、作品パネル及び活動パネルコ−ナ−の展示を行います。また、セミナ−は、女性委員会30周年を記念し、今どき、なかなかお招きできない都市計画プランナーの西郷真理子氏をお迎えし、ご講演いただきます。この機会を逃さず、今年も多くのご参加をお待ちしております。

■女性建築士の作品展

女性建築士が携わった仕事をパネル展示します。今年のテーマは「収納」です。

開催期間 : 20181 16() 128()

30周年記念セミナー

衰退したまちを次々と蘇らせている西郷流のまちづくり。西郷氏は「まちづくりは女性に向いている、女性の参画は多様でより魅力的な社会が実現するための一歩」と言われます。これまでのまちづくりのシナリオは、近代化理論の発想で、普遍を至上とし、外部の価値観に依存して発展し、やがて、それぞれの地域の特性や思想を排除したやり方は、まちの生命力を衰退させてきました。持続可能なまちづくりのためには、それぞれの地域にもっともふさわしい形で受け継がれてきた地域の文化・ライフスタイルに根ざしたまちづくりが必要だと、地域住民のみなさんの創意工夫と総力を結集した「居心地のよい」誇りの持てるまちづくりを応援されているお話しを伺います。

日時 : 20181 20() 1400 1600(開場 1330

講師 : 西郷真理子氏 都市計画プランナー http://creative-town.com/projects/project-list/

テーマ : 「ライフスタイルがまちをつくる」 〜誇りに思える暮らし方・まちづくりと女性の活躍〜

西郷写真.JPG

<西郷真理子氏プロフィール>

都市計画家、一級建築士、宅地建物取引士、株式会社まちづくりカンパニー・シープネットワーク代表取締役、クリエイティブタウン推進機構 専務理事、東京大学まちづくり大学院 都市経営論担当 非常勤講師

明治大学では建築学を専攻。学生時代から住民主体のまちづくりに関り、川越の蔵造りの町並み保存と商店街活性化、黒壁の長浜まちづくり、高松市丸亀町商店街の再開発事業、津波被害を受けた被災地域で最初に事業完遂、先導的事例となった石巻の二つの再開発事業など実績多数。国内外から注目を集めており、受賞多数。日本都市計画学会賞石川賞受賞、ウーマン・オブ・ザ・イヤー大賞受賞、カンヌ国際都市開発未来プロジェクト最優秀賞受賞、内閣府国家戦略室「世界で活躍し日本を発信する日本人」選出、第29回住生活月間功労賞国土交通大臣表彰( 再開発組合と団体表彰)など。著書・論文多数。NHK 教育テレビ『仕事学のすすめ』にも出演。経験を踏まえて、住民主体のまちづくりの仕組みづくりのための「3 ポイント・アプローチ」を提唱されている。

定員:100 名(事前申込制、先着順)

資料代 : 500

託児:無料  (事前申込必要) 

CPD 単位:2単位

※お申込みは、下記メールフォームでお申し込みください。

お申込はこちらから(クリックしてください)

住まいの相談会 (無料)

2018120 () 10:0012:00、 

20181 28() 13:0015:00

会場

名古屋都市センタ− まちづくり広場・ホール  http://www.nup.or.jp/nui/

名古屋市中区金山町一丁目11号 金山南ビル11F

TEL 052-678-2200

お問合せ先

(公社)愛知建築士会女性委員会

FAX 052-201-3601   E-mailafa201009gmail.com

posted by afa at 18:23| イベント案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月29日

防災セミナー2017のご案内

防災セミナー2017「いざというとき、建築士だからこそできること〜合言葉は『命・支え合い・自ら動く』」のご案内

女性委員会で2011年から開催してきました防災セミナーも、今年で7回目となります。今回は港防災センター防災教育アドバイザーの近藤ひろ子先生をお招きし、小・中学校や地域などで行われている防災活動の事例紹介をしていただき、日頃から耐震診断・耐震改修業務を行っている建築士だからこそできる防災活動について考え、一般の人々の防災意識を高め、実践に移す手助けができる方法を考えます。

日時: 11月1日(水) 午後6時〜8時
     (受付は午後5時30分から)

場所: 名古屋市中区栄二丁目10番19号
     名古屋商工会議所ビル9階
     (公社)愛知建築士会 第1・第2会議室

講師: 近藤ひろ子氏
顔写真1.jpg
    
     <プロフィール> 

1973年4月から2011年3月まで38年間、愛知県内の公立小中学校で教職。

2003年より「学校・家庭・地域が連携した防災学習」に取り組む。

2004年に、文部科学省「地域ぐるみの学校安全推進モデル事業」の研究委嘱を受ける。以降、「『命の学習』としての『防災学習』」の研究を推進。

2005年より、JICA防災教育担当専門家として、モルディブ国・タイ国・ブラジル国・チリ国などの支援活動に携わる。

20114月〜20163月 名古屋大学減災連携研究センター

20164月〜 名古屋市港防災センター

【モットー】

防災は『命・支え合い・自ら動く』

子どもは『未来』、子どもは『希望』


定員: 30名(定員になり次第締切)

参加費: 会員 500円    一般 1,000円  (当日徴収します)

CPD単位: 2単位

申込み方法: 申し込みメールフォームよりお申し込みください。

問合せ先: (公社)愛知建築士会 女性委員会 担当:池田

        E-mail:afa201009@gmail.com 

posted by afa at 23:24| イベント案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

平成29年 見学会のお知らせ「とこなめ陶の森陶芸研究所・やきもの散歩道他」

陶芸研究所画像.png 陶の森陶芸研究所

平成29年度の見学会は、建築家故堀口捨己が設計したとこなめ陶の森陶芸研究所を

解説付きで見学します。

この建物は、西欧近代と日本の伝統的建築表現が融合されているといわれ、

DOCOMOMO Japan「日本におけるモダン・ムーブメントの建築」に選定されました。


土管坂.jpg 土管坂

常滑やきもの散歩道は、重要有形民俗文化財とされる煙突のある風景や、

土管が積まれた土管坂、学生参加で整備された土管坂休憩所、

立ち並ぶ窯元などを見ることができます。

本年度は、バスのチャーターはなく、現地集合、現地解散となっております。


日 時 平成29年9月30日(土)1030 とこなめ陶の森陶器研究所 集合 〜14:30解散


行き先 とこなめ陶の森陶芸研究所、常滑やきもの散歩道他


参加費  会員・一般共に100円、学生 無料 ※資料代として


定 員 25名程度


●対象者 会員・一般 (男性会員、ご家族、ご友人も大歓迎です)


行 程 とこなめ陶の森陶器研究所及び資料館見学 → 昼食(自由) やきもの散歩道散策

      1030現地集合            1210(徒歩・バス1224発移動1.5km)1240 〜     1330  〜                              

→  自由解散  →  INAXライブミュージアム見学(希望者)  

           14:30 (バス移動)  

CPD  申請予定


申込締切日 平成29年9月25日(月)


●申込先  お申し込みは申込フォームからお願いいたします。→ 申込フォーム


お問い合わせは、E-mail  afa201009@gmail.comまたは FAX 052-201-3601まで。


尚、詳細につきましては、変更する場合がありますので、ご了承ください。

posted by afa at 00:00| イベント案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

平成29年度女性委員会8月講習会 開催案内

女性委員会講習会

「町を住みこなす〜超高齢社会の居場所づくり〜」


超高齢化したコミュニティの中で、どうやって建築士が関わったらよいのかを勉強するため、「町を住みこなす〜超高齢社会の居場所づくり〜」というテーマで講習会を開催します。ぜひご参加ください。

長い人生に離合集散する家族の構成員、人が住まいに求めるものはライフステージごとに様変わり。町の多様性をいかに担保していけるか。居場所づくりのユニークな事例を多数紹介し、これからの住まいのあり方を考える講習会です。

平成29728日岩波新書から同タイトルの本が発売されます。興味のある方はお買い求めの上、講習会に参加ください。


ひとりでも、家族でも。私の居場所はこの町に「町を住みこなすー超高齢社会の居場所づくりー」860円)


securedownload.jpg






☆講師プロフィ−ル
1967年生まれ。東京大学院工学系研究科建築学専攻教授。建築計画、住宅地計画、ハウジング、まちづくりが専門。特に集合住宅計画、住宅地づくりなどを主たるフィールドとしている。設計者として一級建築士事務所・大月堂を夫人の大月道子氏と営む

 講師 : 大月敏雄氏

【開催概要】

日時:2017年86日(日)14001700(受付1330〜)

場所:(公社)愛知建築士会 第2,3会議室 (名古屋商工会議所ビル9)


スケジュール:

14001600

 @セミナー

 ・テーマ : 「町を住みこなす〜超高齢社会の居場所づくり〜」

 ・講師大月敏雄氏 (東京大学院教授専門は建築計画・まちづくり)

 ・参加費 : 会員 : 1,000円、一般 : 1,500  (当日徴収いたします)

 ・CPD : 2単位(予定)

 ・定員 :  30名程度(先着順)

 ・参考図書 : 一読してからご参加ください (講師より) 2017/07/28 岩波新書 刊行 

       https://www.iwanami.co.jp/book/b297938.html

16001700

 A講師との交流懇親会 (スナック、ドリンク付き)

 ・参加費 : 会員・一般 : 500  (当日徴収いたします)


申込方法 :

・添付の申込書にご記入の上 FAX(052-201-3601)で  「町を住みこなす講習会」FAX参加申込書.pdf

当HPのメールフォームから ⇒ 申込フォーム

・受付期間:84日(金)まで


★お問合せ : 

・(公社)愛知建築士会事務局  TEL : 052-201-2201

・女性委員長江上 E-mail : halehale.kazue@gmail.com 

以上、よろしくお願いいたします。

posted by afa at 16:49| イベント案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

平成29年度第27回全国女性建築士連絡協議会(東京)開催案内

P1030536.JPG

 女性委員会の魅力の一つ、全国の女性建築士と交流を深められるイベントのお知らせです。今年度の協議会テーマは、「未来へつなぐ居住環境づくり"和の空間を考える"」です。改めて、和の空間や和の要素を捉えなおし、これからの居住環境づくりに活かされることが期待されています。基調講演の講師は、明治村館長の中川武氏です。分科会では、愛知は、C分科会「歴史的建物と建物再生」を担当します。

 女性委員会委員になられることをご検討中の方、その他一般の方も、女性建築士の活動等を知るよい機会ですので、ぜひ、ご参加ください。


■開催概要

1.日時場所

  1)日時  平成29年7月15日(土)、16日(日)

  2)場所 日本建築学会建築会館 (東京都港区芝5-26-20)

  3)1日目プログラム

   (1)開会式       13:00-13:20

      (2)活動報告    13:25-14:05

   (3)被災地報告  14:10-15:40

   (4)基調講演     15:55-16:55

      (5)交流会        17:15-18:15

 4)2日目プログラム

   (1)分科会      8:50-10:40

      A分科会「防災への取り組み」

      B分科会「地産地消のすまい」

      C分科会「歴史的建物と建物再生」

      D分科会「環境再生住宅」

      E分科会「自治体連携とまちづくり」

      F分科会「子どもと住環境」

      G分科会「高齢社会と住まい」

      H分科会「既存ストックの活用」

   (2)全体会        11:00-11:45


2.登録料・参加費について

 1)全建女登録費

 (1)建築士会会員 1,000円

 (2)会員外      2,000円

  (3)学 生      無 料

 2)交流会参加費

    一律       1,000円


3.参加申込について 

 1)申込先 : 愛知建築士会女性委員会

         江上 (halehale.kazue@gmail.com) まで

  2)締切り  : 6月21日(水)


以上


posted by afa at 18:49| イベント案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする