2020年07月01日

令和2年度女性委員会オリエンテーションの報告           近藤美夏

近藤美夏顔写真.jpg
4月25日(土)、女性委員会の令和2年度オリエンテーションが開催されました。
ZoomのWeb会議システムを利用して行われ、電磁的審議(電子メールにての審議)も利用可能となりました。
参加者は23名でした。

同日には豊橋で交流会と見学会の開催予定もあったので楽しみにしていました。
すがすがしい風が吹き全国的に快晴で、
まさにお出かけ日和でしたがステイホーム期間真っ最中ということで残念ながら中止となり、
オンラインでのWeb会議のみとなりました。

令和2年度の活動計画は、全国女性建築士協議会の延期がすでに決まっていました。
その他の活動も、特に年度の前半では新型コロナウイルス感染症の影響による中止や延期、
内容の変更の可能性も考慮して柔軟に対応できるよう話し合いました。
講習会やセミナーの講師は県内を活動拠点にされている方を優先に探すことにしました。
また、昨年度の見学研修会での経験から県内にも優れた建築が多くあること、
地元でありながら気付かなかった良いところを認識することができたので、
今年の見学研修会も県内で計画することにしました。

「わたしらしい住まいづくり」は今年度で30回目を迎えます。
令和3年1月13日(水)から31日(日)まで名古屋都市センターでの開催を予定しています。
1月31日には上野千鶴子氏によるセミナーが計画されていますので今から楽しみです。
女性建築士の作品や活動報告のパネル展示に加えて、
女性建築士による建築相談会を昨年度は一定期間毎日開催したことによってとてもよい反響がありました。
それで今年度は建築相談会の日数や時間帯をどのように増やせるか今後検討することとなりました。
昨年度、図書館で開催した絵本の読み聞かせ&ワークショップについては、
すでに依頼がきている保育園があるということでした。
ありがたいと思うと同時に保育園児の年齢に合わせた工夫という新たな課題に取り組むことになりました。

今回は、初めてのWeb会議を利用したオリエンテーションでした。
まだシステムに慣れていない時期にもかかわらず、時間内にすべての話し合いが無事にできました。
あらかじめ資料が参加者にメール配信されていたので、各自が目を通してから会議に臨むことができました。
さらにWeb会議の画面共有による資料の説明も分かりやすく感じました。
感染症が収束してからも、Web会議システムを併用した集まりができればいいなあと思いました。
家族の世話や仕事の都合、移動時間などを考慮して、
参加をためらっていた女性建築士でも出席しやすくなると感じました。

残念な点があるとすれば、新しく委員になられた方の紹介や各委員の自己紹介をする時間までは割けず、会員相互の理解を深める場にはできなかったことでした。
また委員対象の会議でオブザーバー参加のお誘いができなかったのも残念でした。
思い起こせば、私が初めて女性委員会に参加したのもオブザーバー参加でした。
見学会の内容に魅力を感じ、休日を利用して交流会とセットで参加しました。
その際に先輩女性委員の皆さんの人柄に触れることができ、楽しそうで、しかもちゃんとまじめな会だなと思いました。
皆さんがそれぞれ、仕事や育児、介護といった状況で無理をせず、
出来る範囲で参加しておられると聞いて安心もしました。
新型コロナウイルスの影響が収束して、徐々に活動できるようになったら、あらためて交流を深めたいと思います。
ぜひ、多くの方の参加をお待ちしています。

posted by afa at 00:00| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする