2019年02月01日

【活動報告】平成30年度女性委員会 見学研修会に参加して             下村明子

12月1日、大阪の万博記念公園にある太陽の塔と宇治市の松殿山荘へ向け、幼児を含む38名で貸切りバスにて出掛けました。

PC011307太陽の塔集合写真横長.JPG

万博記念公園内はちょうど紅葉が見ごろで、赤や黄色に色づいた森の中を野鳥のさえずりと共に散策した後、太陽の塔を見学しました。
塔内部に作られた巨大なオブジェである「生命の樹」とそれに貼り付く「33種類のいきもの」は劣化部分の補修を経て1970年の万博当時の展示が再現されましたが、当時5基あったエスカレーターのうち4基は塔の軽量化を図るため階段に変わり、右腕内にあった1基は撤去されました。
塔は万博当時、塔を取り囲む大屋根上のイベント会場に客を運ぶ縦通路として作られたことを初めて知りましたが、それはきっとわくわくする通過動線であったのでしょう。大空へと伸びるエスカレーターに乗って大屋根へ向かう、当時の人々の高揚感を想像しました。

そして初めて訪れた太陽の塔に感動を覚えながら宇治市の松殿山荘へ。

松殿山荘_丸と四角のデザイン.JPG

坂道を歩いていくと、開発中の住宅地を背に突如緑豊かな別荘地を思わせるような敷地への入口が現れ、それに驚かされながら進んだ先の大門をくぐると間もなく大玄関の前へ到着しました。
この山荘は今から約100年前に広く行われていた小間の茶だけでなく、茶道の起源である広間の茶(書院式)を広めるため、山荘流茶道の流祖である高谷宗範自らが建物と庭園の設計を行なったもので、17席の茶室があります。中でも30畳の広間を持つ大書院は5間通しの鴨居を使用することで、庭園と広間が一体化した広大な空間を作り出していました。
さらに「心は円満に丸く、行いは常に正しく四角く」という方円の思想から、建物や庭園の形状から建具や手すりなどのまで、いたるところに丸と四角を対にしたデザインが見受けられ、それらを探しながらの見学も楽しみのひとつとなりました。

駆け足で巡った見学研修会でしたが、見どころ満載でとても充実した時間となりました。

posted by afa at 10:31| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする