2018年10月31日

【活動報告】平成30年度 女性委員会講習会「栄養士から見た住まいの提案」を楽しく終えて  甲村伊津己

 本年度の女性委員会が掲げたテーマ『女性から見た生活学』と言うことで、
管理栄養士でスポーツ栄養コンディショニングアドバイザーの品川友美先生を講師にお迎えして、
9月23日愛知建築士会会議室にて「栄養士から見た住まいの提案」の講習会を参加者25名うち男性お1人と言う、黒1点の状態で開催しました。
 品川先生はお若いですが、2人のやんちゃ盛りの男子を育てながら管理栄養士として病院に勤務をされ多忙な日々を送られています。
住まいの提案では「家事楽」に繋がるLDKの在り方や、高気密高断熱住宅にも触れ、
食材を傷ませない涼しい場所の提案や、年中快適だからこそ体を動かしたくなる住宅の提案をされ、
人は汗をかくことが体温・自律神経の調節に不可欠で、家庭内でも運動不足の解消・お風呂に浸かる・食事は温かい物、辛味のある物、生姜などで代謝を上げて3食均等に食べることの大切さを話されました。
 生活リズムの整え方では朝日を浴びて脳のスイッチオン、プラス朝食の刺激で内臓スイッチオン
そして、体内時計をリセットする曜日を作ることを話され、
朝食は朝の忙しさで少し置き去りにしていた私ですが、摂取しなければ5倍太りやすくなることや、
腸を元気にするためにはやはり食事が重要だと聞くと、朝の時間の使い方を見直して朝食を必ず摂ろうと思いました。
 そして男性では72.14歳。女性では74.79歳と言われる健康寿命後も
人の手を借りずに生活が出来るか否かは筋力量との関わりが大きく、
30歳でピークを迎えその後落ちていく筋肉量を日々の運動で維持をする事も必要で、
運動は1日に合計で30分でもよいので、気が付いたらこまめに運動をした方が良い事も学びました。
 質疑応答を含めての2時間の中に上記の事以外に愛知の野菜摂取量の現状・野菜の保存法保からの料理法。
食事のとり方に対する考えと実践方法。特に朝食の重要性ついでは、
朝食は体を動かすエネルギー源として消化されてしまうことや、糖質カットダイエットの危険性、
また第2の脳と言われる腸を元気にするための「3つの力」そして睡眠を改善するための10か条など、
本当に多くの内容を、途中2回のストレッチタイムを挟んで楽しく終了しました。


正しい食事法で身体を健康に整えれば、心もきっと健康になり、健全な思考で仕事にも家庭生活にも向えるのではないかと思います。
タイトルでは楽しく終えてと強がりましたが、今回は切り口を変えて異業種から建築を見る内容となり、
建築士としてというより1人の生活者としての新たな発見が出来ました。
そして台風21号、24号と日本中に甚大な被害を与えられたあの時、防災意識・備えに当然ながらピリピリしていた心の中に、まずは日々を如何に健康で元気に暮らし、先の人生も運動等の努力しだいで楽しく動ける自分を想像できた良い時間ではなかったでしょうか。
私達建築士の住まいの提案の今後に繋がる講習会となりました。


posted by afa at 00:00| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする