2017年12月28日

平成29年度 女性委員会講習会「町を住みこなす〜超高齢社会の居場所づくり〜」に参加して 磯部喜恵

 8月6日に愛知建築士会会議室において、東京大学大学院の大月敏雄教授の、表題についての講演会が行われました。

 超高齢社会とは、総人口のうち65歳以上の高齢者が占める割合が、21%を超えた社会のことを言うそうです。日本は、平成15年にすでに26.7%となっており、世界のトップを走っています。これからもこの現象はますます加速されていくなかでの、現状や例、問題点、今後求められること、などについてのお話でした。

 戦後の住宅不足を補うためにつくられた狭い共同住宅は、家族構成の変化により、隣や上階などを買い足して生活をしている例などは、意外な住まい方をしていて、日本の住まいに対する生活様式・水準の変化も感じました。

 また、1 9 6 0 年代から、さかんに各地につくられたニュータウンが老化してきた、という例は、私たち誰でも思い当たる、また身近な現象として興味のある話でした。ニュータウンは、入居時はほとんどが同じような年齢層で構成されていました。これを大月先生は「35歳と生まれたて」と表現されています。子供世代が巣立ってしまうと、高齢者になった親世代がほとんどになり、学校のクラス数も激減し、保育園などが統合されたところもあると聞きます。都市計画上の理想として、中央に位置していたショッピングセンターも経営不振となり撤退、一箇所に集められていた商店街もほとんどが閉まっているところもあります。郊外のちょっと小高い山を削ってつくられたところが多いので、車がないと買い物や病院等に行くにも不便で、道路と敷地に高低差のあるところなども多く、高齢者にとっては、とてもいい環境とは言えなくなりつつあります。

 住まい方に多様性があるように、町の機能にも多様性が必要で、年齢層の違う世帯や、ちょっとした商店、集まりの場所などが点在し、もっと近隣との関係がもてるような町がいいのかな、と考えさせられました。

 終了後、気さくな先生を囲んでの交流会でも、活発な意見交換が行われました。


IMG_5793.jpg IMG_5803.jpg

●講師 : 東京大学 大月敏雄教授              ●講師交流会 延長して皆でたくさん話しました








posted by afa at 11:08| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする