2017年12月28日

平成29年度 女性委員会+α「製品選定だけではないショールームの活用」に参加して 佐藤百世

5月の女性委員会は「委員会+α」という試みで大名古屋ビルヂィングにあるTOTO様をお借りして委員会を行った後、テクニカルセンターとショールームの見学を行いました。

テクニカルセンターは設計や施工など建築の専門家向けのショールームといったところです。一般のシュールームでは見られない商空間向け水回り製品、バリアフリー製品が数多くありました。単に製品が並んでいて見比べるというだけでなく、製品の技術的な特徴がわかるような陳列も多くお客様への説明の際のネタにもなりそうです。

特にバリアフリー向けの製品が多かったように思います。実際に設計する際、壁との空きや高さとか設備ひとつひとつの配置に苦慮すると思いますが、それが寸法に落とし込みやすいように壁や床がモジュールになっている部屋があり、原寸模型を使って位置を体験できるスペースもあります。文章で説明するより写真があればどんなスペースがわかりやすいのですが、このテクニカルセンターは技術的なことが多くあるため撮影禁止なのです。気になる方はぜひ行って見てください。

大名古屋ビルヂィングには一般の方向けショールームもあります。ここはTOTOだけでなくYKKとダイケンも一緒にあります。住宅の場合設備関係のショールームを回られることは多いですがサッシや床材まで見られるお客様は少ないので一緒にあるのはありがたいですね。サッシはこの数年断熱性能アップが著しいですが見た目でわかることではないのでその違いをお客様に納得していただくのが難しい分野です。床材なども住宅会社などはサンプルが大量にあるのでいいですが設計事務所ではそうもいかずその都度増えていくサンプルに手を焼く方も多いのでは。こういう所をうまく活用して選定を効率よくできたらと思います。

常に技術改革して製品が変わっていく中、製品選定だけでなく知識のアップデートとしてのショールーム活用も必要だと感じました。


TOTOショールーム (1).JPG    TOTOショールーム (2).JPG

●大名古屋ビルヂング TOTO様会議室にて委員会後 建材ショールーム見学

posted by afa at 10:52| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする