2017年05月13日

第26回わたしらしい住まいづくり セミナー「縮退社会における建築再生と不動産コミュニティ」報告 大坪 一子

女性建築士が主催する「わたしらしい住まいづくり展」も今年で26回目を迎えました。219日(日)、名古屋都市センターまちづくり広場ホールで、セミナー講師に田村誠邦氏をお迎えし、「不動産についてもっと識ることで拡がる新たな可能性」についてご講演いただきました。参加者78名(+飛入りの女子中学生1名)で、2時間を超えるお話は、先生からの問いかけに、自分なりの回答を考える機会となりました。

 昨今の天候のように、今日に適した服装が翌日には的外れとなって困るように、環境はつねに変化しています。建築業界でも自然災害、政治、ビジネスの流れの中で要求されることが変わってきています。

 日本の新築着工数は、2015年には909千戸で、先進国の中でもこの数値は、2005年米国バブル期よりもかなり高い数値です。日本の場合、人口千人当たり7.15戸、対する米国は6.98戸です。さらに中古住宅の流通量においては、日本は1.35/千人、米国は21.6/千人という調査結果から、新築物件を多く建てているが、やがて中古になっても活用されず、果ては空き家として残り続けていく現状を示唆しているものだそうです。そこで田村氏は「建築と不動産を融合した新しい業種」の必要性を述べられました。建物は完成したら不動産になります。不動産の知識がないと、既存の建物をうまく活用できないということです。

 次に、「不動産オーナーの本当のニーズを知っていますか?」との問いかけ。空き家率は賃貸物件やその他の住宅で増加しており、その他の住宅とは、ご両親が亡くなったり、施設に入るなどで空き家となるケ−スだそうです。全国的にはその他の住宅が増加しており、東京では賃貸物件の空き家が増加しているとのことです。そんな空き家や土地などの不動産を所有するオーナーの要望は、所有財産を維持できる収入希望や次世代に資産を伝えたい、土地活用による収益や税金を安くしたい、面倒なので現状のままでいいなど様々です。実際には本当のニーズに気づいていないお客様が多く、彼らの悩み解消や想いをかなえてあげるため、自分自身の売り、得意としていることでサ−ビスを提供することが大事だそうです。

 その時に大切なことは「コミュニケ−ション能力」です。仕事はお客様のニ−ズを把握することから始まります。まずは相手をまるごと理解する気持ちで接する大切さをお話くださいました。話すこと説得することより、まずじっくり聴く姿勢であったり、一瞬一瞬を大切にして応対する重要性を教えていただきました。

 講演後半は、ご自身のお仕事や事例をもとに、お客様の知りたい専門知識の一部をご紹介くださいました。たとえば、@リニュ−アルか建替えか A環境保全しながら相続対策(深沢プロジェクト) B老朽化した擁壁の再建資金がなかった神社(小石川の杜プロジェクト) C築80年のRC造建造物を活用して土地を売らず、自己資金、借入金なしに安定した収入を必要とした法人(求道学舎の再生)、などです。

 普段の仕事でもコミュニケーションの大切さを自覚し、実践してきておりますが、ますます大切だという確信が持てました。また、相手と話す時は「相手のわかる言葉で話す」ことも重要であるということ。そして基礎知識を徹底することを再認識できました。これからの高齢化社会に対応するヒントをもらえたように思います。

作品展会場 会員作品.jpgセミナー会場全景2.jpg

●会場の 名古屋都市センター まちづくり広場 


posted by afa at 15:41| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする