2017年05月13日

平成28年度第59回建築士会全国大会(大分大会)  畑中ひと美

平成281022日、大分県の別府国際コンベンションセンター・ビーコンプラザにて小雨の中、建築士会全国大会大分大会が開催されました。

 4月に発生した熊本県・大分県を震源とする地震では、由布市・別府市で大きな被害が出ています。

 大分建築士会会長の挨拶では「一時期は開催を危ぶんだが、安全・安心な建築に携わる建築士の気概を示す場として、また被災地支援のためにも」と説明され、この日の大分大会無事開催に及んだそうです。

セッションは女性委員会の「和室についての報告」に参加しました。26回全国女性建築士連絡協議会からの連続テーマです。減少していく和室について、全国のアンケート結果・伝統的な和室・今後の和室について発表され、あらためて和室に対し考える機会となりました。

 記念講演は、本格焼酎「いいちこ」のアートディレクター河北秀也氏が「いいちこ」のコマーシャルを『引受けるにあたっての迷い』から『今日のコマーシャル』に至るまでを、当初ポスターから現在のTVコマーシャルまで、視覚と同時進行のプレゼン形式でお話しされました。

 どこかで自然に馴染んでいたCMが知らぬ間に身近な存在となっていた力には感銘し、建築に携わる者として、「何気ない中に、五感を通して心地よさを感じる」建物づくりができたらと、痛感しました。

 大会翌日は、天井と壁に木構造を採用した大分県立美術館「OPAM」、切妻で八幡造様式の建物の「宇佐神宮」、宝形造りの美しい大堂の「富貴寺」を見学し、約1300年前からの木造建築とこれからの木造建築の歴史と可能性を感じました。

 2日間の大分大会は「安心して過ごせる場」「心に響く建築」の大切さを改めて認識した、とても有意義な全国大会でした。

 最後に、今大会前日被災の鳥取県・熊本地震の被災地大分県の皆様には1日も早い復旧となりますようお祈り申し上げます。
P1030762.JPGP1030758.JPG
●会場の別府国際コンベンションセンターにて集合写真  ●女性委員会「和室についての報告」
P1030813.JPGP1030849.JPG
●大分県立美術館 設計 : 坂茂                                ●八幡宮総本社 宇佐神宮

posted by afa at 14:30| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする