2013年09月22日

防災セミナー2013 「帰宅困難者対策とこれからの都市防災」

【定員に達しましたので締切らせていただきました。
多数のご応募ありがとうございました。】10/26


(公社)愛知建築士会女性委員会では
今年で3回目を迎える防災セミナー2013を下記の様に開催します。
第1回「東日本大震災に学び明日に活かす福和伸夫先生」、
第2回「不都合なことを考える−
濃尾地震後の建築界の対応から学ぶこと」西澤泰彦先生に続き、
今回は、東日本大震災時の首都圏とは違う被災状況になると
想定されるこの地域の帰宅困難者問題と、これまでにつくられてきた
都市の構造により生み出される問題と対策についてお話を
名古屋大学減災連携研究センター准教授の廣井悠先生からお聞きし、
これからの減災のまちづくりの考え方を見直し深める機会です。
皆様のご参加をお待ちいたしております。

・日   時 平成25年10月28日(月) 午後6時〜午後8時
              (受付は午後5時30分から)
・場   所 昭和ビル5階 第一会議室講師プロフィ−ル
・講   師 廣井 悠 (名古屋大学減災連携研究センター)
・参 加 費 会員 500円(当日徴収します。) 一般 1000円
・定   員 30名 (定員になり次第締切り)
・C P D 1単位(申請予定)
・申 込 先 女性委員会HP(http://asanet.or.jp/~afa/event/cn60/25bosaiform.html )

《講師プロフィ−ル》廣井悠(ひろいゆう)
名古屋大学減災連携研究センター准教授。工学博士。
専門は都市防災。東京都中央区帰宅困難者支援施設運営協議会座長、
名古屋市都市再生安全確保計画策定に向けた検討会委員、地震対策
専門委員等都市防災の理論・実践共に積極的に関り、MPCP等受賞多数。
★問合せ先は https://netdesign.heteml.jp/afa/mail.html
posted by afa at 06:11| イベント案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする