2021年05月19日

令和3年度 女性委員会組織

昨年度に引き続き委員長を務めさせていただきます、池沼靖子です。

昨年度は新型コロナウイルス感染拡大によって、事業内容が大きく変化しました。
4月オリエンテーションが初めてのWeb開催となり、それまで聞いたこともなかった「Zoom」を用いて会議を行いました。
その後も講習会や勉強会をオンライン開催に変更したり、保育園への出張イベントを中止にするなど、例年にない手探り状態が続きました。
しかし女性委員会は立ち止まることなく、新しい手法にチャレンジし、今までと同様に事業を行ってまいりました。
防災セミナーは10回、わたしらしい住まいづくりは30回と、同じテーマで内容を掘り下げてきた事業も節目を迎え、多くの方々にご参加いただき好評いただきました。

まだまだ予断を許さない状況が続いておりますが、今年度も女性委員会は様々な事業を行ってまいりたいと思います。
ホームページにて随時イベント案内を掲載していく予定です。
皆様のご参加を、女性委員会スタッフ一同お待ちしております。

委員長     池沼靖子

副委員長  近藤美夏  佐藤百世  深見清佳

委員     池田園子  井戸祐美子  梅田知奈  江上一枝  大坪一子

        織田喜代美  河合ふみこ  河口美智子  岸本真美  甲村伊津己

        小部慶美  酒井ゆり菜  佐藤直子  下村明子  高比良実紀

        竹中美智子  谷村留都  筒井裕子(常務理事)  藤原綾乃  吉野純子

担当理事  杉原尚子

posted by afa at 17:08| 組織 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月11日

【活動報告】東海北陸ブロック会女性建築士協議会令和2年度後期石川大会に参加して    副会長 小野全子

令和3年2月27日(土)に東海北陸ブロック会女性建築士協議会令和2年度後期石川大会がオンラインにて開催されました。
例年ですと開催地へ赴き、2日に渡り行われ、分科会が開催されます。
しかしながら、今年は、リモートでの会議となりました。
愛知県からは委員長はじめ6名が出席し、その他の県からは、静岡県を除く5県から26名出席しました。

事前に会の資料を郵送でお送りいただきました。
その折に、開催予定でありました七尾市のお菓子をお送りいただきました。
「大豆あめ(まめあめ)」といい、きなこと水あめで作られたお菓子です。
この豆あめは、お茶屋さんがお菓子屋さんと共同で作られたものです。
お茶の文化が浸透している七尾ならではのお菓子でした。
小袋にはいった抹茶を大きい袋にいれてよく“ふりふり”していただきました。

午前の定例会議では、連合会女性委員会から、昨年の11月21日(土)に初めて、Zoomによる令和2年全国女性委員長(部会長)会議を開催し、64名(連合会事務局を含む)が参加されたことが報告されました。
昨年7月まで連合会女性委員長であったので、全国女性建築士連絡協議会の中止が余儀なくされ、
とても残念に思っていましたが、11月に委員長(部会長)会議が実施されたとの報告は朗報でした。
昨年は連合会女性委員会にとっても30年という節目の年にあたり、
ポスターセッションという形で各県の活動報告を全国女性建築士連絡協議会で展示する予定でした。
現在このポスターをWEBサイトで見ることができますので、ぜひご覧ください。

午後のブロック事業では、各県女性委員会の今年度の活動報告がありました。
コロナ禍にあって、活動がままならない状況ですが、
比較的影響の少なかった北陸地方ではいくつかの活動が実施されましたので、
北陸3県の活動をご紹介します。
 富山県では、女性委員会たよりを昨年の10月に発行しています。
機関紙の発行は情報手段として、意義のあることです。
 福井県では長年、住教育事業を行なっており、昨年の10月に小学校の3、4年生対象に開催されました。
建築士として、住教育を小学生に指導する事業を継続して行っていることも素晴らしい事業であるといつも思っております。
 石川県は今回の開催県であることにより、この準備ためにご尽力いただきました。
 その後『女性委員会の「これまで」と「いま」と「これから」コロナ後の世界に向けて』というテーマで
意見交換が行われました。コロナ禍での今年度活動で苦労したこと、良かったことなどを発表し、
今後の活動にどのように取り入れていくかなどを話し合いました。
苦労した点として、
 ・何がよいのか、何ができるのか常に模索していた。
 ・事業自体を、開催するか否かの判断が必要だった。
 ・Web(オンラインツール)を使えるようになるまで時間を要した。
良かった点として、
 ・Webセミナーには全国各地参加があり、他県の建築士会と交流を持てた。
 ・Web会議にすることで、交通費や移動時間の軽減ができた。
 ・事前にWebでのスケジュール調整等を活用し、ほぼ全員出席の会議が開催できた。
 ・三重県女性委員会では、これを機に全員のメールアドレスを取得できたので、
  これからそれらを活かして活動していきたいとのことだった。

 また、建築士会の活動で感じていることの中で、会員減少する中、
各県が会員拡大をどのように取り組んでいるか、建築士会に入った理由についての発言もなされました。

最後に静岡県に女性の委員会がなく、女性建築士の会議への出席がないことが話題となりました。
全国女性建築士連絡協議会の折にも47士会の中で1士会のみ出席されないので、
やはり、残念だと感じます。ぜひ、今後の参加を期待したく存じます。

スクリーンショット (16).png

posted by afa at 19:03| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする