2021年03月01日

防災セミナー2020「過去の災禍に学ぶ〜災害と感染症の深い関わりを学ぶ〜 池田 園子

 10月28日、名古屋大学減災連携研究センター長の福和伸夫氏による、
ZOOMウェビナーを使ったオンラインセミナーを開催しました。
女性委員会が防災セミナーを開催するようになって今回で10回目。
節目の回に、第1回目にお話頂いた福和先生に再度お願いしようという事になりました。
29名の参加がありましたが、オンラインという事で、東京や高知からの参加もありました。

「10月28日は何の日?」
まずは、こんな問いかけから。

答えは「濃尾地震が発生した日」なのですが、即答できなかった私たちはお叱りを頂くという、
いつもの福和節のトークで始まりました。
 過去を振り返ってみると、疫病と災害がほぼ同時期に発生していること。
それは偶然ではないと感じる点も多く、また、政治がそれらを転換にして大きく動いてきたことも先生の説明からよくわかりました。

 また、25年前の阪神淡路大震災の時と今と大きく違うのは国力の低下が進んでいるという点。
世間が誤解している防災についての常識について、過去の資料・データにて説明して頂き、
危機感を感じる時間となりました。
 なぜ誤解されたままの常識が蔓延しているのか?
それは、経済優先志向、個人的営利によって流されているからだというお話は、
私たち建築士がもっとしっかりするべき、という叱咤激励に聞こえました。

 後半は女性委員と福和先生による対談となりました。
パネリストは、女性委員から、阪神淡路大震災、東日本大震災、熊本地震の現地へ行きボランティア活動の経験もある下村さんと、女性委員会で長い間、防災セミナーの開催を担当してきた池田が務めました。

 コロナ禍を経験した今、災害に対する備え、心構えはどのように変化していくべきか、
7月に発生した九州での災害を参考にしながら意見交換を行いました。

 セミナー後のアンケートでは、
「女性委員会の10年間の防災セミナーの活動について刺激を受けました。」
といった一般参加の方のご意見を頂き、オンラインとなったおかげでいつもより広く防災の周知ができて良かったと思いました。

対談福和先生.jpg  福和先生

ウェビナーのパネリスト.jpeg ZOOMウェビナーを使ったセミナー
福和先生とパネリストとの対談

posted by afa at 00:00| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする