2019年09月01日

第29回全国女性建築士連絡協議会(東京)に参加して     織田喜代美

令和元年7月13日・14日、公益社団法人日本建築士会連合会女性委員会による
「第29回全国女性建築士連絡協議会(東京)」が日本建築学会建築会館ホールにて行われました。
全国の女性建築士の240人ほどの方々が参加し、愛知県からは7名参加しました。

集合写真.JPG

 令和初の協議会は「未来へつなぐ居住環境づくり」−和の伝統技術の継承と創造―と題し、
地域の環境に適した伝統的な美しい日本の住まいのあり様を次世代に引き継ぐという内容で、
1日目の基調講演は、有限会社原田左官工業所 代表取締役 原田宗亮氏による
「和の伝統技術の継承と創造〜新たなプロの育て方〜」の講演を聞きました。

 伝統的な左官技術を伝えながらも今までにない発想を取り入れられ、
店舗での施工例を見せていただきました。
コーヒー豆を混ぜて店舗の壁面に世界地図を描いたり、
インスタ映えするコーナーを作ったりなど、大変斬新で参考になるものでした。
原田氏は、特に女性の左官業界の参加に力を入れており、
厳しい状況が続く建築業界を「女性の参入で業界を変える」ことをモットーに、
社内に女性専用休憩室や育児休暇制度を設け、
女性が働きやすい職場をつくることを目指し、
現在、社内には現場で働く女性が10名在籍し、
「女性ならではの感性を発揮している」とお話がありました。
その後、左官職人として原田氏の会社から独立されたmarumo工房金澤萌氏とのトークセッションがあり、
女性左官職人の日常(セメント袋は重くない?)についてお話いただきました。

2日目は分科会に分かれ、それぞれ興味のある、勉強したい分科会に参加しました。
私は、「高齢者と住まい」の分科会に参加し、岐阜県建築士会が「福祉まちづくり建築士」
の取り組みを紹介されました。
福祉まちづくり建築士という資格をつくり、岐阜県とタイアップして、
建築士自ら200カ所もの地域包括支援センターや福祉施設を廻ったというお話や、
「手すりの設置に建築士がいるとこんなに便利」といったお話を人形劇を使って映像にし、
YouTubeに載せるといった試みもしているようで、
岐阜建築士会の方々の団結力、行動力に感心しました。
岐阜建築士会の福祉まちづくり建築士紹介YouTube人形劇.jpg

 また、他県でも同様な取り組みがあることが意見交換の中で分かりました。
いずれも県市町村とタイアップすることが周知を促すのではないかと感じました。
他県のように、建築士会のまちづくり委員会福祉部会と女性委員会が協力して、
良い成果が得られている事例は参考になりました。

 閉会後は、愛知県から参加した方々と御座船安宅丸という船で東京湾クルーズをしました。
船から東京オリンピックの選手村や豊洲市場を見ました。
この後、個人的にコレド室町を訪れました。
東京オリンピックに向けてなのか「和」を全面的に押し出したデザインが目立ちます。

御座船_和のデザイン.jpg

 次回開催地は福岡!オリンピック直前の開催です。
次回に向けて、九州全域のバックアップのもと、
とても熱の入ったプレゼンがありました。
今から次回協議会がとても楽しみです。


posted by afa at 00:00| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする