2019年05月03日

【活動報告】東海北陸ブロック会女性建築士協議会平成30年度後期定例(三重)会議に参加して 深見清佳

 2月23日(土)・24日(日)に、建築士会東海北陸ブロック会女性建築士協議会平成30年度ブロック亀山大会が盛大に開催されました。愛知からは、6名参加しました。

写真 2019-03-19 16 58 58.jpg

 『まちなみ・保存と活用〜三つの「繋がり」が重なる三重〜』というテーマのもと、
1日目の見学会・分科会では東海道五十三次の47番目の宿場町として栄えた関宿と、
その関宿をイメージして山に向かって緩やかな弧を描いた校舎の亀山市立関中学校の見学をしました。


その後の分科会では、NPO法人亀山文化資産研究会会長中浦豊子氏の講演を聴きました。
地域の皆さんにとっては身近な存在である亀山の歴史的・文化的資産が価値あるものだと気付いたところから、
まずその資産を守るためにはどうするのか。
その後、どのような形で活かしていくのかという、とても貴重で興味深い講演内容でした。

 2日目は会場を亀山市文化会館に移して、平成30年度後期定例(三重)会議を行いました。
活動報告では、福井、愛知、岐阜、石川、富山、三重の順番で各県の特色ある活動内容を聴き、
委員会活動が地域に根付いてきていることを実感しました。
そして今後も各県が切磋琢磨の精神で、より活発な活動を誓い合い、終了するという本当に有意義な会議となりました。

 ブロック会終了後は、愛知から参加した6人全員で桑名にある「日本近代建築の父」と呼ばれた、
ジョサイア・コンドル氏が手掛けたことでも有名な、地方に唯一残る作品の六華苑(旧諸戸清六邸)への寄り道をして、
素敵な明治期の建築に触れる良い機会となりました。

 今後の予定では、来年度前期ブロック会は福井県、後期ブロック会は愛知県での開催です。
来年度も今年度同様に、会議や見学会を通して各県の女性建築士達がより多くの意見交換をすることで
意識も活動も更に向上し、また、東海北陸ブロック会女性建築士協議会も益々盛り上がることを期待します。
posted by afa at 13:05| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする