2018年04月16日

平成29年度後期ブロックぎふ大会に参加して  池沼靖子

224日(土)・25日(日)、建築士会東海北陸ブロック会女性建築士協議会平成29年度後期ブロックぎふ大会『温故知新〜歴史と伝統をたずねて新たな発見へ〜』に参加しました。

 1日目の定例会議・懇親会・宿泊は万延元年(1860年)創業、歴史が感じられる「十八楼」でした。開会式後の分科会ではまず「ぎふ歴都路(レトロ)たび」歴史的建築物ガイドブックを紹介していただきました。平成28年度岐阜県建築指導課から岐阜建築士会への委託事業で、各圏域の女性委員が分担して調査にあたったとのこと。建物・町並みからみる歴史と生活・文化、特徴ある5つの都(みやこ)をテーマで分類した建物、中山道を中心とした旧街道沿いに今も建っている建物をまとめてあり、とても見やすく内容の濃い1冊でした。

 その後、@岐阜公園コースA井ノ口・金華・川原町コースに分かれてまち歩きをしました。私はAに参加し、「かご大仏」と呼ばれる正法寺の乾漆仏(骨格は木材、表面は粘土と美濃和紙に書かれた経典、漆、金箔で仕上げられている)の、建造中に様々な調整が行われたのではないかと思われる微妙な首の傾きや建物の歪みが印象に残りました。再び十八楼に戻り定例会議が行われましたが、各県の活動報告について、「同じことを繰り返しているようでも着実に前に進んでいるので、継続していって欲しい」という相談役の一言に力をいただきました。

 2日目は会場をぎふメディアコスモスに移して、まずは自由見学。図書館内部をゆっくりと歩きながら時々グローブ(半透明のかさ)のなかに座り、静かな時間を過ごしました。

講演会は『心地いい暮らし(ライフオーガナイズの考え方)』で、講師の竹内靖子先生は工務店勤務のころ新築住宅の収納が生かされていないことに気づき、ライフオーガナイズ(空間や暮らし・人生を俯瞰して仕組化する技術)を広めていらっしゃるとのこと。「利き脳」による自分に合った片付けの仕組みづくりは大変興味深い話でした。住環境が整うことで、楽に笑顔で暮らせて家族も幸せになる。建築に携わる人間としても家を整える主婦としても、改めて在り方・生き方を考えさせられるお話でした。

後期ブロックぎふ大会まちあるき.JPG 後期ブロックぎふ大会.JPG

posted by afa at 12:49| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月04日

第27回わたしらしい住まいづくり                                                  西郷真理子氏の講演会に参加して 〜誇りに思える暮らし方・まちづくりを考える      深見 清佳

 今年で27回目を迎える「わたしらしい住まいづくり」、そして部会として発足した女性委員会の30周年を記念して、120日(土)に「ライフスタイルがまちをつくる〜誇りに思える暮らし方・まちづくりと女性の活躍〜」と題して、講師に(株)まちづくりカンパニー・シープネットワーク代表取締役及びクリエイティブタウン推進機構専務理事の西郷真理子氏をお迎えし、セミナーを開催しました。

 西郷氏は大学で建築学を学ばれた学生の頃から住民主体のまちづくりに関わり、川越の蔵造りの町並み保存と商店街活性化、黒壁の長浜まちづくりをはじめ津波被害を受けた石巻の再開発事業など多数の実績が評価されています。国内外から注目を集め、数多くの受賞をされるなど多方面でご活躍をされており、それを裏付けるように、セミナーでは建築関係以外の方も含め多くのご参加をいただけました。

 各地方で過疎化の問題を抱えているのが日本の現状です。人口は減少し、商店街はいつしかシャッター商店街と言われるまちも少なくありません。その原因の一つに土地問題があると言われます。後継者がいないためシャッターを閉めたけど、土地の権利は離したくない。というように、新陳代謝の仕組みがうまく機能しなくなっていることが挙げられます。この問題が解決できれば効果のあるまちができる、ということです。

 西郷先生の考える解決方法とは―。土地の所有者・商店街の組合が土地の利用を共同で決めることができる「まちづくり会社」を設立し、会社が土地を借り上げ、出店したい人に誘致をすることで家賃収入、お店が持てるという両方にメリットを提供する「住民主体のまちづくり」です。

 住民主体のまちづくりでないと、再開発はうまくいかない。それは、地域に住んでいる人たちが、自分のまちを誇りに思うこと。そう言われると、まちの名所・旧跡を思い浮かべがちですが、そうではなく”自分たちの暮らし方“に誇りを持つこと。すると、自分たちが食べているもの、使ったりしているものが実は魅力的なものだと気づくことにつながります。魅力的なら、まちの外に情報発信してみようとつながり、そこに行ってみたい、食べてみたいと外から人が集まり、まちの産業を生み出し、雇用が生まれ、生活のしやすさも出て、良い循環が始まります。これがライフスタイルのブランド化による地域活性化ということです。

 私の住むまちも過疎化が進み、お店が段々とシャッターを閉めている現状です。半ば仕方がないのかなと諦めていた部分もありますが、今回のセミナーを聞き、普段あたりまえだと思っているものから魅力を探して、情報発信をして、まちの魅力を少しでも伝えられたらなと思います。今回の副題である、誇りに思える暮らし方・まちづくりについて考える良いキッカケをもらえたように思います。

企画展入口からホール.JPGパネル展全景.JPG

●名古屋都市ンター11階まちづくり広場            ●作品展 

わたすまセミナー全景.jpgわたすま作品展.jpg

●西郷真理子先生のセミナー 「ライフスタイルがまちをつくる」      ●来場者のみなさん

わたすま集合写真.jpg

posted by afa at 17:35| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする