2017年12月28日

平成29年度 女性委員会30周年記念事業ワークショップ・懇親会を開催して  江上一枝

20171126日(日)午後、1988年に部会として発足した女性委員会の30周年を祝い、名古屋市東区の東海放送会館内ホテルレストランの「光の間」にて、記念事業を開催しました。

 10周年、20周年の頃とは様相が大きく変わった建築士の現状を見据え、30周年の今を転機とし、今後について本気で考えようと、建築士会会員だけの本音で語り合える場を設けることになりました。ワークショップ41名、懇親会51名の参加があり、歴代女性部長・委員長におかれましては、第15代までの全員にご参加いただき、穏やかに歓談しながら、次の世代に大切なメッセージを伝える貴重な機会にしていただきました。

 ワークショップは「人生を豊かに味わうために」をテーマとし、がんばっていることや悩みを伝え合い、そもそも悩みにしないというコツや、多様な考え方や現実があることを知り、それぞれに自分の現状を俯瞰する余裕が生まれ、自分の課題に向き合い、自分なりの答えを出して前進する勇気を与えられたと、目を輝かせる人の多かったことが印象的でした。

 また、名古屋工業大学ダイバーシティ推進センター長の藤岡伸子教授には、工学系女性を取り巻く現状と指導的立場での活躍を推進する大学の取組みの報告とワークショップをまとめていただきました。先生が勇気を与えられたという「女性建築士が幸せそうだ」という気づき。それは、ピラミッド社会の価値基準から逃れたり何かに頼ったり、一時的には「負け」のような態度に甘んじることを厭わない柔軟な価値判断は、仕事からも家事からも自分なりの幸せを感じられるライフスタイルを実現させており、今後のネットワーク型社会を生き抜いていく「強み」になるのではないかというものでした。先生の専門は美学。「美」には人間としての生き方が問われると聞いたことがあります。女性建築士の暮らしに「美」を求める幸せな生き方働き方は、先生だからこそ気づくことができ、私たちも、自分たちの人生の選択を再評価していただけたようで、自信と勇気をいただきました。

 このように思えるのも、30年以上前から部会発足準備に関わってくださった多くの先輩方の努力や思いやりとのつながりがあってこそと深謝し、私たちも、次の代に大切なことを伝えられるよう努力を続け、共に、成長しつづけることを胸に誓うところです。

 開催にあたり、多くの方にご協力をいただきました。ここに厚く御礼を申し上げます。


●コメンテーター : 名古屋工業大学 藤岡伸子教授     ●ワークショップ会場全景

B WS 素敵な藤田先生.jpg C WS藤岡先生も楽しそう.jpg

●意見交換 先輩のアドバイス「悩みにしない」に勇気    ●藤岡先生も楽しそう「女性建築士って幸せそう」の気づき

A WS 伊藤さま谷村さま梅田さん.jpg E WS 熱く語る杉原さん.jpg

F WS 池沼さん楽しそう.jpg D WS 真剣山口さん.JPG

●がんばっていること、悩んでいること、本音で話し合いました・・・ 皆さん楽しそうです

A 発表.jpg B 発表.jpg

C 発表.jpg D 発表.jpg

E 発表.jpg F 発表.jpg

●グループ発表 リーダーによるファシリテーターとまとめが素晴らしかった・・・

懇親会 廣瀬会長挨拶.jpg 懇親会 連合会委員長 乾杯.jpg

●懇親会 建築士会廣瀬会長 祝辞             ●日本連合会女性委員会 小野委員長 乾杯発声

懇親会 委員長1.jpg 懇親会 委員長15 御礼.jpg

●部会発足当初の頃の部長の方々からメッセージ     ●初代部長〜第14代委員長まで 現委員長から御礼

P1040486.JPG 懇親会 T3.JPG

懇親会 T5.JPG 懇親会 T4.JPG

懇親会T1.JPG 懇親会T2.JPG

●懇親会 各テーブルで歓談                   ●お料理もダイバーシティに

懇親会 筒井担当理事 御礼.jpg 懇親会 委員長4.jpg

●筒井女性委員会担当理事 御礼の言葉          ●小野7代部長、筒井8代部長

P1040497.JPG

●30周年記念事業懇親会 集合写真                     ありがとうございました! 次は40周年で・・・


posted by afa at 11:24| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

防災セミナー2017「いざというとき、建築士だからできるこ』」に参加して  輪崎智美

 愛知建築士会女性委員会主催の講座として7回目の防災講習ということで参加させていただきました。

 在籍する豊田支部の活動としまして、これまでに耐震診断や耐震相談会、家具固定のアドバイス、また年に数回ローラー作戦ということで地区を絞った耐震診断・改修のお勧め活動などに参加してきました。また、1020日には豊田支部主催で避難所運営ゲーム「HUG(ハグ)」の講習に参加してきました。

 今回は建築士という資格を持つ者が、もしもの時にどんなことができるだろう?ということで興味があり参加しました。

 講師の近藤ひろ子先生は長年小学校にて教員として勤められた方で、現在は日本だけでなくミャンマーなど海外でも防災教育を勧められている方です。わかりやすいご説明により、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

 いつか来る「南海トラフ巨大地震」に備え、まず守るべきは「人命」。そしてそこからみんなが生き延びていくための被災生活について、自らの被災地訪問の経験等を踏まえてレクチャーいただきました。

 いつ・どこで遭うかわからない自然災害は、季節・場所・時刻を問わず、そして「想定外」のことが必ず起きます。興味深かったのは、結構頼りになる「中学生・小学生」の活躍ぶりです。被災の際は先導役となり(東日本大震災の時、3Fへ避難した小学生を一緒に山の上まで誘導してくれて津波を逃れられた)、また、炊き出し・清掃活動への参加・家の不用品を提供する活動など、大人から見ても感心してしまうような行動を臨機応変にこなしてくれているそうです。被災するときに地元にいたり、防災訓練を着実に経験しているのも中学生・小学生かもしれません。

 女性建築士として防災情報を発信する際に、誰に対して発信するといいのだろう?と思うことがありましたが、現在では小・中学生の方が私達より防災への備えの知識が豊富で、身についているかもしれません。被災地はさまざまな「助け合い」が集結してこそ、復興へと進んでいける場所なのかもしれません。今後も微力ながらも防災の備えについての発信を続けていけたらと思います。


中学 技術教科書(防災) 東京書籍.jpg

●子どもたちが学んでいる教科書の防災教育の中身がとてもわかりやすく充実している 「中学技術分野」東京書籍

P1040306.JPG P1040305.JPG

●講師 : 近藤ひろ子先生                    ●自分で考え判断できる子に育てる、毎日が防災・・・

posted by afa at 11:17| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成29年度 女性委員会「とこなめ見学会」に参加して  佐藤直子

 930日、平成29年度の女性委員会の見学会に参加いたしました。今年度は恒例のバス研修ではなく、現地集合、解散でした。

 まずは、堀口捨己設計のとこなめ陶の森陶芸研究所を、常滑の学術担当員小栗氏の解説付きで見学しました。写真だけでは気付かない、薄紫のグラデーションとモザイクタイルの美しいバランス。展示室は銀色をベースにトップライトの自然光で見せるしつらい。ガラス展示ケースの工夫。当時のモダニズム建築から日本古来の美しさを再確認し、現代建築に取り入れた設計者の意図が随所に感じられました。茶の湯を再現するための舞台のような和室(茶室)のしつらいや間接照明、市松や卍を天井や床にあしらい、金の間、赤の間、緑の間などの色合わせは設計者の表現の一つだったのでしょうか。

 屋上のトップライトも特別に見学させていただきました。当時のアルミサッシ(いかにも一品製作物です)や、屋上排水に試行錯誤の様子が垣間見えました。そういった発見ができるのは見学会ならではです。さらに、原図を見せていただくことができました。これは、トレーシングペーパーに鉛筆(?)描きの貴重なものです。この建物は常滑市のものですが、小栗氏が真剣に保存を考え尽力されているのが伝わりました。

 併設されている資料館を見学し、その後は常滑やきもの散歩道の自由散策です。

 常滑やきもの散歩道は近年観光化が進み、士会の会員や学生による土管坂休憩所の整備、アーティストによる陶芸、オブジェなどが随所に見られます。個人的にはSPACEとこなべで見つけた、常滑焼の作家による急須に魅入られました。茶こし網まで陶器でつくられ、技術の向上により、ふたと一体で焼き上げたというその精巧さと色合いはすばらしく、軽くて、とても素敵でした。とはいえ高価なもので買うことはできませんでしたが。

 今回も小学生・中学生・大学生に参加いただき、いっしょに登窯や登窯広場などを見学しました。いいお天気の中歩き回って少し疲れましたが、充実した一日となりました。

●常滑陶芸研究所 設計 : 堀口捨己               ●ナンバー17の車 
●堀口好みの赤と緑 奥は、八勝館 御幸の間の写しの間  ●屋上トップライト
●堀口の原図を手に熱く語る 学芸員・研究員の小栗氏  ●茶室にて





posted by afa at 11:12| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成29年度 女性委員会講習会「町を住みこなす〜超高齢社会の居場所づくり〜」に参加して 磯部喜恵

 8月6日に愛知建築士会会議室において、東京大学大学院の大月敏雄教授の、表題についての講演会が行われました。

 超高齢社会とは、総人口のうち65歳以上の高齢者が占める割合が、21%を超えた社会のことを言うそうです。日本は、平成15年にすでに26.7%となっており、世界のトップを走っています。これからもこの現象はますます加速されていくなかでの、現状や例、問題点、今後求められること、などについてのお話でした。

 戦後の住宅不足を補うためにつくられた狭い共同住宅は、家族構成の変化により、隣や上階などを買い足して生活をしている例などは、意外な住まい方をしていて、日本の住まいに対する生活様式・水準の変化も感じました。

 また、1 9 6 0 年代から、さかんに各地につくられたニュータウンが老化してきた、という例は、私たち誰でも思い当たる、また身近な現象として興味のある話でした。ニュータウンは、入居時はほとんどが同じような年齢層で構成されていました。これを大月先生は「35歳と生まれたて」と表現されています。子供世代が巣立ってしまうと、高齢者になった親世代がほとんどになり、学校のクラス数も激減し、保育園などが統合されたところもあると聞きます。都市計画上の理想として、中央に位置していたショッピングセンターも経営不振となり撤退、一箇所に集められていた商店街もほとんどが閉まっているところもあります。郊外のちょっと小高い山を削ってつくられたところが多いので、車がないと買い物や病院等に行くにも不便で、道路と敷地に高低差のあるところなども多く、高齢者にとっては、とてもいい環境とは言えなくなりつつあります。

 住まい方に多様性があるように、町の機能にも多様性が必要で、年齢層の違う世帯や、ちょっとした商店、集まりの場所などが点在し、もっと近隣との関係がもてるような町がいいのかな、と考えさせられました。

 終了後、気さくな先生を囲んでの交流会でも、活発な意見交換が行われました。


IMG_5793.jpg IMG_5803.jpg

●講師 : 東京大学 大月敏雄教授              ●講師交流会 延長して皆でたくさん話しました








posted by afa at 11:08| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成29年度 第27回全国女性建築士連絡協議会に参加して  谷村留都

 71516日「未来へつなぐ居住環境づくり」と題して東京の建築会館で開催された。

 開会式の後、2件の活動報告、続いて被災地6県からの報告、その後基調講演と6時間以上に及ぶ長丁場の1日目は終わった。2日目は8つの分科会に分かれ、防災への取り組み、地産地消のすまい等々の内容で活発な議論が行われ、最後に総評で締めくくって無事終了した。いくつか印象に残った報告を簡単に紹介したい。

 最初の活動報告、北海道の女性委員会は、18年前から「子どもと建築」をテーマに継続活動している。今回は「高校住教育講座〜はじめての一人暮らし〜」という家庭科の授業への出張講座の報告であった。北海道の場合、卒業後進学も含めて親元を離れての一人暮らしが始まる生徒が多い。その手助けになる訓練として集合住宅の1室をプランニングする課題を女性委員会がサポートした。現実的な課題を通じて不動産手続きのやり方、住環境への気づきなど身の丈に合った住教育の一端を担っている。

 宮崎県延岡支部は、東京の有名建築家を招待して市民と共にワークショップの手法を学んだ。同時に空き店舗が多い駅前商店街の1室を借り、DIYの講習会を何度も行い、自らの手で市民と共にリノベーションした。出来上がったスペースはコミュニティ空間としてその後も活用している報告であった。

 岩手、宮城、福島、熊本、佐賀、鳥取の被災地からは、取り組みの状況や厳しい現実についてそれぞれ熱く語られた。生の被災地報告を聞くと、テレビ等マスメディアの情報とは違う現実がわかり、いずれ他人事ではなくなることを覚悟した。

 女性建築士連絡協議会は来年の高知大会へ向け「和の空間を考える」を共通テーマにしている。その一環としての基調講演は、明治村館長で建築史家の中川武先生による「居住空間にとって美とは何か」であった。先生のお話は古代からの住居の歴史を踏まえての壮大なスケールで、ついていくのが精いっぱいであったが、結局美についての結論はよくわからなかった。ただ、「重層的な非決定」という日本人ならではの物事の成立方法の解説で、もやもやっとした歴史の流れの捉え方が見えたような見えないような…。先生の著書『日本の家』を読んで、ぜひ地元の愛知でもお話を聞きたいと思った。久し振りの参加であったが学ぶことの多い会で、若い方がもっと参加されることを期待する。


P1040198.JPG P1040218.JPG

●全国女性建築士連絡協議会 東京建築会館にて     ●基調講演 中川武先生

P1040225.JPG P1040223.JPG

 ●日本連合会女性委員会委員長(愛知の小野常務理事)  ●分科会の司会・報告(愛知の筒井担当理事)

P1040221.JPG P1040227.JPG

●愛知の参加委員+1歳委員                    ●集合写真 

中川武著.jpg

●基調講演 中川武先生の名著

P1040230.JPG P1040234.JPG P1040237.JPG

●まちあるき


posted by afa at 11:01| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東海北陸ブロック会女性建築士協議会平成29年度前期定例(石川)会議報告  杉原尚子

 624日(土)、平成29年度前期定例(石川)会議が、金沢市の石川県立美術館広坂別館の多目的室で開催された。ここは、大正11年に陸軍第九師団、師団長官舎として建てられ、その後は米軍将校官舎、金沢家庭裁判所、石川県児童会館など様々な施設として利用されてきた洋館だ。昨年耐震改修し、隣に石川県文化財保存修復工房が新築移転され、リニューアルオープンしたところだ。

 会議では2月の敦賀での後期会議で集まって以来、4か月ぶりに東海北陸ブロックの皆さんとお会いし、28年度の各県活動報告や、29年度の事業計画や予算案の審議、30周年事業についての協議など活発な意見交換がされた。

 会議後は、多目的室隣の修復工房ガイダンス室で広坂別館の建物についてと修復事例の説明を聞き、その後は石川県文化財保存修復工房に移動して、見学スペースからガラス越しに表具修復室と漆工芸品修復室の作業の様子を見学した。

 平成9年に石川県庁出羽町分室に開設して以来20年になるが、いまだに他県には1つも県の施設として修復工房は開設されておらず、石川県にしかないとのこと。石川県には藩政時代から受け継がれ育まれた文化的な土壌があり、多数の美術工芸品が残されていることから、地元に工房がどうしても必要だったとの説明に納得した。

 表具修復室では、ちょうど旧裏打紙除去作業が行われており、気の遠くなるような細かい作業を淡々と続けられており、とても大変な作業であることを改めて実感し、同時に、大事な文化財を守ることの重要性を感じた。修復室内は湿度も管理されており、特に漆工芸品修復室は湿度設定も高く、暑い時期は特に大変な作業となるとのことだった。ここでは修復と同時に、伝統的な技術の継承、若い技術者の指導育成も行われており、ここにも石川県の文化芸術に対する意識の高さが表れていると実感した。

 次回の後期ブロック会議は岐阜の十八楼とぎふメディアコスモスで2月に開催予定だ。今回同様次回も、会議や見学会を通じて他県の皆さんと活発な意見交換をすることで、各県での活動の更なる向上をめざしていきたい。


IMG_5537.jpgP1040181.jpg

●前期定例(石川)会議 広坂別館にて         ●集合写真

P1040176.JPGP1040177.JPG
posted by afa at 10:57| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成29年度 女性委員会+α「製品選定だけではないショールームの活用」に参加して 佐藤百世

5月の女性委員会は「委員会+α」という試みで大名古屋ビルヂィングにあるTOTO様をお借りして委員会を行った後、テクニカルセンターとショールームの見学を行いました。

テクニカルセンターは設計や施工など建築の専門家向けのショールームといったところです。一般のシュールームでは見られない商空間向け水回り製品、バリアフリー製品が数多くありました。単に製品が並んでいて見比べるというだけでなく、製品の技術的な特徴がわかるような陳列も多くお客様への説明の際のネタにもなりそうです。

特にバリアフリー向けの製品が多かったように思います。実際に設計する際、壁との空きや高さとか設備ひとつひとつの配置に苦慮すると思いますが、それが寸法に落とし込みやすいように壁や床がモジュールになっている部屋があり、原寸模型を使って位置を体験できるスペースもあります。文章で説明するより写真があればどんなスペースがわかりやすいのですが、このテクニカルセンターは技術的なことが多くあるため撮影禁止なのです。気になる方はぜひ行って見てください。

大名古屋ビルヂィングには一般の方向けショールームもあります。ここはTOTOだけでなくYKKとダイケンも一緒にあります。住宅の場合設備関係のショールームを回られることは多いですがサッシや床材まで見られるお客様は少ないので一緒にあるのはありがたいですね。サッシはこの数年断熱性能アップが著しいですが見た目でわかることではないのでその違いをお客様に納得していただくのが難しい分野です。床材なども住宅会社などはサンプルが大量にあるのでいいですが設計事務所ではそうもいかずその都度増えていくサンプルに手を焼く方も多いのでは。こういう所をうまく活用して選定を効率よくできたらと思います。

常に技術改革して製品が変わっていく中、製品選定だけでなく知識のアップデートとしてのショールーム活用も必要だと感じました。


TOTOショールーム (1).JPG    TOTOショールーム (2).JPG

●大名古屋ビルヂング TOTO様会議室にて委員会後 建材ショールーム見学

posted by afa at 10:52| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成29年度 女性委員会オリエンテーションと懇親会に参加して  酒井ゆり菜

 今年度のオリエンテーションは、半田の旧中埜半六邸にて開催されました。委員長より、昨年度の事業報告と今年度の年間スケジュールについて説明があった後、各事業の担当リーダーから事業企画のプレゼンが行われました。

 委員会が終わった後、旧中埜半六邸の管理者であるNPO法人半六コラボの杉浦理事長のお話を伺いました。

 旧中埜半六邸は、江戸から明治初期にかけて海運業や醸造業で繁栄した豪商の邸宅です。現在1階はテナント、2階は貸し部屋として使われています。

 杉浦さんらボランティアは2000年頃から独自に修繕活動を続けていました。その後半田市に購入されたものの、多額の耐震費用がかかるという理由で取壊しを市が決定。市との意見交換会を重ね、限界耐力計算法による耐震診断、NPO団体の設立、出資募集、寄付などを経て、取壊しが撤回され、半六邸改修プロジェクトが実現しました。

 「様々な困難があったが活動を続けたその熱意はどこから?」という質問が出ました。杉浦さんは、かつて賑わっていた商店街にご実家があり、生まれ育った半田に活気を取り戻したいという思いから活動を始めたそうです。また、活動を通じて古いものの価値、日本文化の良さが分かってきた、とおっしゃっていました。もちろん、費用の目処が立ったこと、ご主人の理解と協力などが続けてこられた現実的な理由ということもおっしゃっていましたが、やはりまずは杉浦さんの熱意があったからこそ、周囲が動いてくれ、得た結果だと思います。

 昼食は、半六邸再建の一端を担う1階のおとうふ工房いしかわにていただきました。昼食時の自己紹介で、今年の自分のテーマを発表しました。仕事、家族、趣味、生活スタイルについてなど、様々なお話がありました。皆さんが精力的に活動されている様子を見て、いつも刺激を受けます。

 午後からは、ミツカンミュージアムに移動し、見学しました。ここでも、造り酒屋にはリスクのある酢造りを始めた熱意や、江戸の寿司に半田の粕酢の需要があると活路を見出した熱意を感じ、今年度のスタートを切るにふさわしい一日となりました。


IMG_7658-1.jpgIMG_7689-1.jpg

●オリエンテーション  (登文)旧中埜半六邸にて     ●半田の運河 ミツカン

P1040120.JPG見学会写真.JPG

●MIM(ミツカンミュージアム)見学 集合写真








posted by afa at 10:40| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成28年度「防災・減災について考えよう(クロスロードから学ぶ)IN大和」に参加して  吉野純子

 325日(土)、神奈川県大和市の大和商工会議所にて、(一社)神奈川県建築士会 女性委員会・防災委員会コラボセミナー「防災・減災について考えよう(クロスロードから学ぶ)IN大和」に参加しました。

 愛知の女性委員会では座学での防災セミナーを6回開催してきましたが、全国女性建築士連絡協議会の分科会「防災への取り組み」で神奈川県建築士会の防災活動に触れ、愛知でも同じような活動ができないか、というところから神奈川県の女性委員会の方とのやりとりが始まり、今回のセミナーのご案内を受けて参加に至りました。

 「YES」か「NO」か…。

 阪神・淡路大震災で実際に問題となった「災害対策のジレンマ」をカードゲーム化した「クロスロード」。防災塾・だるまの3講師の方の進行の元、36名の参加者を7グループに分けて行われました。グループ内の1人はファシリテーターとして設問カードを読み、他の人はそれに対して「YES」か「NO」を決めます。多数派には飴を1つずつ、ただし1人だけ違う回答だった場合はその人が飴を3つ。10の設問に答えて飴を一番たくさん得た人が勝ち!という、シンプルにデザインされたゲームです。

 設問は、震災発生後からの避難所運営を想定したもの。避難所運営役員、物資班の責任者などといった立場の場合において、状況設定された中で起こる問題に対して考えていきます。例えば「あなたは避難所運営の責任者。地震発生から1時間、避難所開設準備を役員総出で取り掛かる?」…「YES」か「NO」どちらを選んでも、こちらは立つがあちらが立たない。「ジレンマ」を感じながらもどちらかを選び、その理由を話し合います。他の参加者の方々の判断や意見を聞き、たくさんの「気づき」を得ることができました。印象的だったのは、小学5年生の男の子が「災害弱者である障害者」のことまで配慮した答えを出していたことです。大人とは違った視点、広い視野を持っていることにとても感心しました。

 3時間のセミナー、10問の設問に対して、かなり真剣に答えました。進行役の方の場を和ませるトークと、ファシリテーターの方の軽快な推進のおかげで、実際であれば深刻な場面であろう設定の問題を、3時間が短いと思えるほど楽しく参加できました。充実感にあふれ、もっと多くの皆さんの意見を聞いてみたかった、もっと掘り下げた内容も知りたいと思いました。

 神奈川県建築士会の皆さんと、防災塾・だるまさんの明るい雰囲気がとても印象的でした。当日は千葉県建築士会女性委員会の方も参加しており、神奈川、千葉の方々と交流できたこともうれしいことでした。愛知の女性委員会でも、楽しく防災・減災が学べる活動を考えていきたいと思います。


梅田母子.jpgP1040019.JPG

●ワークショップ 大活躍の愛知の委員+1歳委員大人気     ●いきいきしていた愛知の委員 このグループでも大活躍


全体写真.jpgP1040033.JPG

●神奈川建築士会のみなさんと集合写真                   ●神奈川建築士会のみなさんと懇親会





posted by afa at 10:33| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする