2017年09月29日

防災セミナー2017のご案内

防災セミナー2017「いざというとき、建築士だからこそできること〜合言葉は『命・支え合い・自ら動く』」のご案内

女性委員会で2011年から開催してきました防災セミナーも、今年で7回目となります。今回は港防災センター防災教育アドバイザーの近藤ひろ子先生をお招きし、小・中学校や地域などで行われている防災活動の事例紹介をしていただき、日頃から耐震診断・耐震改修業務を行っている建築士だからこそできる防災活動について考え、一般の人々の防災意識を高め、実践に移す手助けができる方法を考えます。

日時: 11月1日(水) 午後6時〜8時
     (受付は午後5時30分から)

場所: 名古屋市中区栄二丁目10番19号
     名古屋商工会議所ビル9階
     (公社)愛知建築士会 第1・第2会議室

講師: 近藤ひろ子氏
顔写真1.jpg
    
     <プロフィール> 

1973年4月から2011年3月まで38年間、愛知県内の公立小中学校で教職。

2003年より「学校・家庭・地域が連携した防災学習」に取り組む。

2004年に、文部科学省「地域ぐるみの学校安全推進モデル事業」の研究委嘱を受ける。以降、「『命の学習』としての『防災学習』」の研究を推進。

2005年より、JICA防災教育担当専門家として、モルディブ国・タイ国・ブラジル国・チリ国などの支援活動に携わる。

20114月〜20163月 名古屋大学減災連携研究センター

20164月〜 名古屋市港防災センター

【モットー】

防災は『命・支え合い・自ら動く』

子どもは『未来』、子どもは『希望』


定員: 30名(定員になり次第締切)

参加費: 会員 500円    一般 1,000円  (当日徴収します)

CPD単位: 2単位

申込み方法: 申し込みメールフォームよりお申し込みください。

問合せ先: (公社)愛知建築士会 女性委員会 担当:池田

        E-mail:afa201009@gmail.com 

posted by afa at 23:24| イベント案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

平成29年 見学会のお知らせ「とこなめ陶の森陶芸研究所・やきもの散歩道他」

陶芸研究所画像.png 陶の森陶芸研究所

平成29年度の見学会は、建築家故堀口捨己が設計したとこなめ陶の森陶芸研究所を

解説付きで見学します。

この建物は、西欧近代と日本の伝統的建築表現が融合されているといわれ、

DOCOMOMO Japan「日本におけるモダン・ムーブメントの建築」に選定されました。


土管坂.jpg 土管坂

常滑やきもの散歩道は、重要有形民俗文化財とされる煙突のある風景や、

土管が積まれた土管坂、学生参加で整備された土管坂休憩所、

立ち並ぶ窯元などを見ることができます。

本年度は、バスのチャーターはなく、現地集合、現地解散となっております。


日 時 平成29年9月30日(土)1030 とこなめ陶の森陶器研究所 集合 〜14:30解散


行き先 とこなめ陶の森陶芸研究所、常滑やきもの散歩道他


参加費  会員・一般共に100円、学生 無料 ※資料代として


定 員 25名程度


●対象者 会員・一般 (男性会員、ご家族、ご友人も大歓迎です)


行 程 とこなめ陶の森陶器研究所及び資料館見学 → 昼食(自由) やきもの散歩道散策

      1030現地集合            1210(徒歩・バス1224発移動1.5km)1240 〜     1330  〜                              

→  自由解散  →  INAXライブミュージアム見学(希望者)  

           14:30 (バス移動)  

CPD  申請予定


申込締切日 平成29年9月25日(月)


●申込先  お申し込みは申込フォームからお願いいたします。→ 申込フォーム


お問い合わせは、E-mail  afa201009@gmail.comまたは FAX 052-201-3601まで。


尚、詳細につきましては、変更する場合がありますので、ご了承ください。

posted by afa at 00:00| イベント案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする