2014年01月13日

第23回わたしらしい住まいづくり パネル展及びセミナーのお知らせ

 タイトル.jpg
 わたしらしい住まいづくりは、今年で第23回を迎えることとなりました。
 女性建築士の活動を広く紹介するため、作品パネル及び活動パネルコ−ナ−の展示を行います。
 また、セミナ−ではいしまるあきこ氏をお迎えして『建築的“かけざん” 〜マイ・リノベーション 
 のいろはに』をテーマにレクチャーとワークショップをしていただきます。
 今年も多くの参加をお待ちしています。
《お知らせ》
■女性建築士の作品展 【終了しました】
 女性会員の作品・活動パネルを展示紹介します。
第22回パネル展.jpg昨年度のパネル展の様子
●開催期間:平成26年1月21日(火)〜2月2日(日)

■セミナ−(一般対象) 【終了しました】
 建築的“かけざん” 〜マイ・リノベーションのいろはに
 い:レクチャー ろ:ワークショップ は:実践 に:相談
 女子ひとりでできるセルフ・リノベーションを実践する「リノベ女子」いしまるあきこさんによるレクチャーと、「あなたの好きなもの」×「住まいの〇〇」との“かけざん”で、あなたらしいマイ・リノベーションを一緒に見つけましょう!ワークショップ講師は、いしまるあきこさんと地元女性建築士がご一緒します。
ふるって、ご参加ください。
 いしまるあきこ氏.jpg
講師:いしまるあきこ氏(きっかけ屋・一級建築士)
「Re1920記憶」主宰。http://kioku.info「リノベ女子」代表。http://renojo.com 1978年生まれ。東京在住。女子ひとりでもできるセルフリノベーションを実践し、全国の「リノベ女子」と共にリノベーションのはじめの一歩を応援中。賃貸セルフリノベ「つくるーむ」や、オーナーさんとつくるワークショップ付きセルフリノベ「Reプロジェクト」など展開中。古い建物の活用方法を探る展示イベント「同潤会記憶アパートメント」を2002年スタートし、2012年 「Re1920記憶」としてリ・スタート。建築事務所勤務後、様々な仕事(ラジオ・テレビ番組企画・制作、アーティストマネージメント、他)を経験。「アスナル金山」の設計のサブ担当やZIPFM「MORNING CHARGE」のコーナー原稿を担当するなど、設計だけでなくイベント・旅・写真・映像・文等を通じて建築的“きっかけ”づくりをしている。
つくるーむビフォー・アフターつくるーむ2つくるーむ1つくるーむ3 
 ●日時:平成26年1月25日(土) 午後2:00〜4:00
 ●定員:60名(事前申込み・当日受付も可)
 ●資料代:500円
 ●託児コ−ナ−あり 定員10名(事前申込み必要)
 ●CPD単位申請予定(2単位)
 ●申し込み : 女性委員会 http://ws.formzu.net/fgen/S12426650/

■住まいの相談会 【終了しました】
 一般の方を対象に住まいに関する相談会を開催します。
 ●日時:平成26年2月2日(日) 午後1:00〜3:00

■女性建築士とお話しましょ! 【終了しました】
 一般の方を対象にパネル出展者による作品解説を行います。
 ●日時:平成26年1月25日(土) 午後1:00〜2:00
 ●場所:展示パネル周辺

■会 場
 名古屋都市センタ− まちづくり広場
  名古屋市中区金山町一丁目1番1号 金山南ビル(ボストン美術館同ビル)11F  TEL:052-678-2200

■問合せ先
 (公社)愛知建築士会 女性委員会 https://netdesign.heteml.jp/afa/mail.html
  FAX 052-261-0251   E-mail:afa201009@gmail.com

第23回わたしらしい住まいづくりチラシ.pdf








posted by afa at 23:45| イベント案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月05日

第56回建築士会全国大会「しまね大会」に参加して 伊藤幸貴

秋晴れの中、11月19日(土)20日(日)に開催された第56回建築士会全国大会
しまね大会へ女性委員会から参加させていただきました。
今年の開催地は島根県となり、いつか訪れたいと長年思いを寄せていた出雲の地ということで
参加することをとても楽しみにしていました。
女性委員会3人のメンバーと前日の18日午後JR松江駅に到着、
60年に一度の平成大遷宮を迎えた出雲大社へ参拝に向かいました。
御本殿屋根葺替完了後の伝統の技に魅せられ、
大社造の技が現代まで受け継がれていることに感動しました。
全国大会8.jpg全国大会5.jpg全国大会6.jpg全国大会2.jpg
明朝の全国大会のスケジュールの一環である、松江まちめぐり(堀川遊覧と松江の茶室めぐり)へも参加し、出雲の国の魅力を十分に実感したところ、全国大会の会場となったくにびきメッセにて全国大会が始まりました。私たちは、しまね大会交流セッション女性委員会担当の「高齢者・障害者の住宅改修において建築士としてできること」と題するプログラムに参加しました。
このプログラムは第一部「高齢者・障害者の居宅サービスの受給に適した住宅事例調査」
調査結果概要報告 第二部「事例報告と今後の課題」のもと、1.「I邸(岡山県岡山市)車椅子利用のためのマンションの改修事例」2.「徳島士会の高齢者住宅改善の20年継続の取り組みを省みて」3.「S邸(岐阜県本巣市)1〜3期工事」の3例の報告を聞きました。
3名のパネリストの発表を拝聴し、建築士として何ができるのか何をしなければならないのかという強い志を持ち、試行錯誤を繰り返して答えにたどり着いていく行程に、感銘を受け、自分自身の建築士としての信念を見つめ直す良い貴重な機会となりました。
今回、全国大会へ参加させていただいたことに感謝し、体感したことが芽吹くように
建築士として人間として日々誠実に努めて行きたいと思います。
全国大会1.jpg全国大会3.jpg全国大会4.jpg
全国大会2.jpg
全国大会9.jpg


posted by afa at 07:02| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする